Permaculture Blossom

glendale.exblog.jp
ブログトップ

映画上映会とバザー&マーケットのお知らせ

日本支援 映画上映会とバザー&マーケットのお知らせです。


<バザー&マーケット>

日本支援として
バザーは全額を赤十字へ寄付、マーケットは売り上げ分そして上映会はチケット代の一部を赤十字へ寄付
致します。バザー終了後に、上映会が開催されます。是非、ご鑑賞くださいませ。

日時:4月16日 土曜日 (スクールホリデー中です)

場所:カルチャーサークル『お稽古』  1109/9 Yarra Street, SouthYarra
1階がカフェになっています。ビルの中に入って頂くとエレベーター前に会場ボランティアがいます♪

時間:10時半から13時半まで  緊急連絡先:0425258373 まで

★クラフトマーケット出店の方はお早めにお申し込みください。
現在、カード販売・雑貨販売・婦人服・子供服など(予定のものとしてはチャリティTシャツ販売・クイックマッサージなど)


★バザーはご自宅で不用なもの(使用可能なもの・日用品やおもちゃなど・・・)などがありましたら、
是非、お稽古までお持ちくださいませ。
(バザーは前日の15日までに搬入お願いします。お越しの際はメールまたはお電話でお知らせください。)現在、子供用品・婦人服など・書籍・DVDなど集まっています。



<ドキュメンタリー映画上映会>

タイトル:『光彩~ひかり~の奇跡』英語字幕あり サイト上で予告編動画みれます。
    
時間:14時~ 上映会 (15時半終了予定)
チケット代:15ドル(お茶菓子付) ※事前予約制・定員30名

事前予約は yonbunnoichimel@gmail.com または 0425258373 まで

※現在、約15名さまのご予約頂いています。お早めにご予約くださいませ。


【ストーリー】
カラー心理セラピスト寺田のり子さんは色を選び、
ヒーリングアーティスト天使河原紫翠(てしがわらしすい)さんは絵を描き、
「色と癒しの絵」を通してたくさんの人に幸せを届けたいと、活動していた。

そんな時、
寺田のり子さんは病気で右目を失明し、余命を宣告される。
そんな時、笹田雪絵ちゃんの詩「ありがとう」の出会い、
自分の体や目に感謝することを知る。

苦悩の中自らが、見えなくなった目で美しい色をつかみ、「光りの絵」を描く。       
その人生の使命の強さとその奇跡を描く感動のドキュメンタリー。


「自分をまるごと愛すということとは?」

「全て大丈夫を生きるということとは?」

感謝からはじまる奇跡と感動のドキュメンタリー。

「光彩~ひかり~の奇跡」 

監督・構成・撮影・編集・音楽 : 入江富美子 2008.7.6 90分  


『ありがとう』 笹田雪絵

私決めていることがあるの。

この目が物をうつさなくなったら目に、
そしてこの足が動かなくなったら、足に
「ありがとう」って言おうって決めているの。

今までみえにくい目が一生懸命見よう、見ようとしてくれて、
私を喜ばせてくれたんだもん。
いっぱいいろんな物素敵な物見せてくれた。
夜の道も暗いのにがんばってくれた。
足もそう。私のために信じられないほど歩いてくれた。
一緒にいっぱいいろんなところへ行った。
私を一日でも長く、喜ばせようとして
目も足もがんばってくれた。

なのに、見えなくなったり、歩けなくなったとき
「なんでよー」なんて言ってはあんまりだと思う。
今まで弱い弱い目、足がどれだけ私を強く強くしてくれたか。

だからちゃんと「ありがとう」って言うの。

大好きな目、足だからこんなに弱いけど大好きだから
「ありがとう。 もういいよ。休もうね」って言ってあげるの。

多分誰よりもうーんと疲れていると思うので・・・。
でもちょっと意地悪な雪絵はまだまだ元気な目と足に
「もういいよ」とは絶対に言ってあげないの。
だってみたい物、行きたいところいっぱいあるんだもん。

今までのは遠い遠い未来のお話でした


主催 よんぶんのいち・メル会 http://ameblo.jp/yonbunnoichimel/
[PR]
by cherrywindfield | 2011-04-04 21:05